酵素ドリンクでダイエットする前に注意すること

酵素ドリンクでダイエットする前に注意しないと体を壊してしまいます

断食を伴う酵素ドリンクダイエットで一番の問題は体調不良に陥ること

効果の出やすい酵素ドリンクのダイエットは体調面の管理が大切です。

リバウンドするだけでなく、体を壊してしまう人もいるようなので注意が必要です。

酵素ドリンクでダイエットした私の体験談

酵素ドリンクという今ブームのダイエット方法にチャレンジした過去があります。今から1年ほど前ですが楽天やAmazonで人気の高かった酵素ドリンクを買って、その酵素ドリンクの要領を守ってダイエットをスタートしました。

酵素ドリンクは噂に聞いていた通り、断食を組み合わせるので効果はすごいスピードで出ましたね。すぐに体重が落ちました。そりゃ食べてないからでしょう、とは思いつつも痩せたのはとても嬉しかったですね。体重が1週間で6キログラム程度落ちたので目標の10キロなんてすぐじゃんって思いました。

ただ、やっぱり停滞期のようなものがキましたし、どうしてもお腹がすくので毎日とてもつらかった思い出があります。ちなみに、体脂肪はちょっとだけ減って2%くらい落ちました。なので、それほど体型の変化はなかったのかもしれません。体重が落ちたと思っていたのは筋肉が多いようでした。筋肉が落ちて体重が落ちて、それが痩せたと勘違いしていたように今思います。

なので、その後、プチ断食程度にしてタンパク質を摂取するようにしました。プロテインを飲んだり鶏肉中心に栄養をとるようにしました。あとはやっぱり運動でしょうということでランニングと少しのウエイトトレーニングを行いました。

そうすると、毎日それなりにきつかったですが、体脂肪も体重も落ちて理想の体型に近づきました。ですので、酵素ドリンクは1日1回の食事置き換え程度でも大丈夫ということがわかったということと、運動も組み合わせればかなり効果的な結果が出るんだなと実感しました。

以下は、それでも酵素ドリンクのダイエットで不安になるというか気をつけなければならないことを書きたいと思います。良いことばかりではないということをわかってほしいなと思っています。

酵素ドリンクのダイエットで体調不良になってしまうケース

立ちくらみが起こる

酵素ドリンクは断食を行うダイエット方法です。
断食は、短期間で高い効果を出すことができるダイエット方法のひとつです。しかし正しくおこなわなければ体に負担を与えてしまいます。無理に何日も断食を続けると栄養不足になり、体のあちこちに悪影響が出てくるのです。水分不足と低血糖により貧血状態になって、立ちくらみを起こしたり頭が痛くなったりします。空腹感により不眠になりますし、血の流れが悪くなり肩こりや腰痛を起こしたり、手足が冷えて震えたりもします。

さらに内臓の消化機能も衰えます。使用せずにいる時間が長くなりすぎると、内臓が消化吸収を上手におこなえなくなるのです。そのため断食が終わってから食事を食べると、内臓が受け付けず、嘔吐したり消化不良に陥ってしまったりします。また、スカスカになった状態の胃に多くの食べ物を入れることで過剰に栄養分が吸収されてしまい、いわゆるリバウンドという本末転倒の結果を招いてしまいます。ですから断食は、栄養状態と内臓の働きとを考えつつ、体に負担を与えないようにおこなわなければなりません。健康に気をつけながらおこなう断食は、間違いなくスリムで美しいボディを手に入れさせてくれます。

痙攣(けいれん)に注意

断食は一時期ブームにもなり、今もお寺などいろいろな場所でツアーがあるなど人気があります。断食を行えば、最初は食べられない辛さがありますが、普段の食生活でフル活動の胃腸を休ませる効果からか腸の動きも良くなったり、食べないので体重が減るため身体が軽くなるで、良い事ばかりかもしれませんが、断食を自己流にやったりすると危険な事になりかねないので、ツアーなどに参加をしないで自宅で行う場合はしっかりとネットなどで情報を集めて、間違った知識で行わないことが大切です。

まず断食だからと言っても全ての飲食を断つわけではありません。一番大切な事はこまめな水分補給です。これを怠ると脱水症状に陥る危険があります。倒れてけいれんを起こす可能性があります。こうなったらすぐに医療機関を受診してください。断食は間違った間違った知識の元で行わなければ、素晴らしい健康法だと思います。ただし少しでも不調を感じたらすぐに中止して、自分の体調に合わせて行いましょう。

動悸(どうき)が起こる理由

体内に蓄積された脂質を減らすには、断食という方法があります。古くから行われており、内臓の器官の休息・過剰栄養分の排出、毒物や老廃物の排出などの効能を有しています。断食を始めて3日目位までは、血圧や心拍数にほとんど変化はないものの、4日目位から脳が沈静化し、血圧が下がりはじめます。血圧が下がると血流を維持するため心拍数を上昇させ、断食反応として動悸が発生します。同時に体液も減少し、血液の量も減少するため、立ち眩みを起こしやすくなります。

ただ、動悸は一時的な反応であるため、回復食へ移るにつれ徐々に治まっていきます。もし、血圧が急激に下がった場合は、何か病気が隠れていることがあるため、断食を中断し病院で診てもらった方がよいです。動悸などの症状が辛い場合は、黒糖や塩を舐めたり、水分を多めに摂ることの他に、黒糖や蜂蜜を入れた生姜紅茶を飲むようにします。そうすれば、血糖値が上昇するにつれて症状が治まっていきます。

酵素とは?

water.jpg人間が生きるために必要不可欠な酵素とは、消化やエネルギーをつくる、呼吸する、臓器を動かす、考える、排泄する、新たな細胞を作るなどさまざまな生命活動に欠かせないものです。酵素は体内でつくられていますが、毎日の生命活動で大量に使用されていますし、加齢とともに体内酵素が減少して活性も低下してしまいます。なかでも腸は消化に欠かせないですし、全身の免疫機能の7~8割が集まっています。腸が弱ると免疫力が低下して病気のリスクも高まります。生命活動に必要不可欠なあらゆる酵素不足は、健康に悪影響を及ぼしてしまいます。不足した体内酵素を補うために、生野菜や発酵食品を食事から摂ることが重要です。酵素は熱に弱いので野菜や果物をジュースにしたり、すりおろしたりして摂るとよいでしょう。毎日忙しくて手間を省きたいという方は、手軽に摂れるサプリメントや濃縮エキスなどを利用すると継続しやすいです。酵素とは人間が生きるために必要不可欠なものです。自分に合ったものを見つけて健康維持に役立てましょう。